りんご畑育ち

夏が来る…

千穐楽おめでとうございます。


プリンにハマってるという話をしていたら友人がプリン買ってきてくれた。ちらっと話したことを覚えていてくれると嬉しいね。


千穐楽と千秋楽だったらやっぱり火よりも亀の方が縁起がいいですよね。歌舞伎は必ず千穐楽の方。

村の狭さはみなさんご存知だと思うのですがあの狭いスペースでガンガン踊るのはすごいな~と。通路にまで出てくるしびっくりした。
本当に実験的な作品でした。この時期に大麻をテーマにした舞台をするのはすごいタイミングだと思います。
メガネをかける必要のある3D演出も昨今はプロジェクションマッピングがが頻繁に使われるようになっているので逆に新鮮でした。開演前にひたすら演出の上田さんがみなさんメガネちゃんと持ってます??持ってない人は申告してください!ってひたすら客席に声がけするぐらいはメガネは重要。

今回は演出の上田さんからのご指名での主演でした。エドウィン・ドルードの謎の際に上田さんが演出助手を務めておられた時のご縁。
ゲゲゲの先生や歌縁といい本当にいい縁が続いていて素晴らしいと思う。
わたしはただのファンなので推しのことはステージ上で演じている姿と各種媒体という表面的な部分しか知り得ることはできないけれども、こうして色々な方から声をかけて貰えるということはしっかり見てくださってる方々がたくさんいるのでしょうね。

本当にこれ6000円でいいの???+2000円ぐらい払わなくていいの???と疑問に感じてしまうぐらいのクオリティでした。
映画演劇文化協会の新プロジェクトの関係だからというのもあるのかな。チケットの価格決定がどのようにされるかは門外漢なのでまったく分からないのですが、とりあえず村で小澤さんの生演奏と上田さん演出が6000円なのは安すぎるのでは?
チケットの価格が高くて面白くない作品もこの世にはたくさんありますもんね…。
演劇は絶対にチケットの価格の安さで勝負をして欲しくはないけれど、高くて面白くもないものはこの世の平和の為に滅されて欲しいですね。

これから先も機会があれば大箱のミュージカルばかりではなくこれぐらいの箱のミュージカルにも出て欲しいな。
リビングルームミュージカルとかTipTapとかに出てほしいんですけど無理ですかね…。
次の怪人と探偵は完全新作でどんな作品になるかわからないから楽しみで、その次のWSS豊洲で回るのできっと四季のものとは演出もガラッと変わるのだろうからこれも楽しみ。

新しい姿がみれるのは本当にありがたいこと。わたしにはできることは限られていて基本的にはチケットを買って観劇をして手紙を出すことしかできない。*1
推しが芸能の仕事を続けるかどうかは本人の意思によるものだけど、これからもできれば続けてくれると嬉しいなと思っている。


これからどんどん暑くなってくるので皆様も皆様の推しもご自愛ください。
睡眠短い自慢とかしないで寝ようね!!!!

*1:花出したりプレを入れたりもするけれど