りんご畑育ち

2018年へ向かって助走開始

持ちネタ?

まだまだ全国ツアー中なのですがモテリーマン開講しました。

まだプレビューしか受講していないのですが、爆笑しすぎでお腹が痛かったです。若月佑美さんがかわいい…。
プレビューの際にロビーを歩いていた福田監督に「ありがとうございます!!!!!!」とすごい勢いでお礼を言いました。
とりあえず内容が内容なので円盤に100%なることはないので自分の記憶に焼き付けるしかないなと…。


話は変わるのですが、推しには持ちネタ(?)的なものがあります
今回もそれを2つも披露しているのでたぶん持ちネタです。

1つはお馴染み(?)のジャケットプレイです。

エドウィン・ドルードの謎でもやってました。ジャケットを着ていてやらない事の方が少ないくらいです。

もう1つは壁ではなくて人を使った壁ドンです。

受けがいいのを理解しているのか度々披露してくれます。
2013年のハンサムぐらいからやっていたかな?と思っていたら、ジャケットプレイに比べて歴史が浅かったです。

初回の自己申告がありました。

すごい恐れ多いことしてるな…ひええええ。
大きいもんね…壁にしがいがあるぐらい大きいのよーーーく分かるよ…。とても威厳がありそうな壁だ…。なんか死神とか枢機卿とか…強そう。
よくOKでたなってさすがに思います。
事務所の同年代*1とかならいくらでも壁にしていいと思うけど、その方はちょっと…。

山口祐一郎さんは母の推しなので曰く「胎教に祐様の歌声を聞かせてた」らしいです。
私に初めて見せたミュージカルも山口さんがジャンバルジャンを演じるレミゼだったらしいのですが、私の記憶にある1番古いミュージカルはラ・マンチャの男です。
脱線するのですが、ラ・マンチャの男ってすごくないですか!?
松本幸四郎さんが白鸚の名を襲名してから上演されると文字上は市川染五郎松本幸四郎松本白鸚と今までの3人が演じてきたように見えて、1969年からずっとセルバンテス/ドン・キホーテは1人の人間が演じ続けているんですよ。
最後に上演されたのが2015年なのですが、しばらくは襲名でお忙しいかと思うので上演は難しいでしょうがまた見たいです。




東京に来るのはちょうど1ヶ月後の12月15日で、それまでまだまだ時間があります。
ここまでたくさんの地域を回る作品もあまり多くはないと思うので、各地で美味しいものをたくさん食べてきて欲しいな。
わたしも便乗して各地の名産を食べたかったのですが、全日程弾丸旅行なので食べる時間が無さそうで悲しいです。
旅行が嫌いなので遠征と出張以外で関東圏から出ることがないから遠征は貴重なタイミングなのに。

*1:平間くんとか松島くん