りんご畑育ち

色々と限界をむかえたオタク

(求)チケットケース?

チケットケース?チケットホルダー?とにかくを入れて持ち歩けるものが欲しいんです!
できればブロマイド(2Lまで入ればベスト)と、細くていいから筆記用具も一緒に持ち歩ければよりよい。

 

 もう私もアラサーです。
いつまでも便利だからといい年した大人がキャラもののクリアファイルで持ち歩くのもどうかな~と思い、チケットケースの購入を思い立ちました。
理想のものを求めて、自分でカルトナージュで作ったこともあります。
しかしながら、自分の思っていた以上にブロマイドを買うのですぐに容量オーバーで壊れました。


自分の中での理想は下記の通りです。
・チケットが折らずに入る。
・チケットを入れてもすっぽり入るのではなく、入っていることが目視で確認できる
・ブロマイドが入る
(L版は~5枚、できれば2Lも入ればよい)
・手紙も入る
・筆記用具が入るor引っ掛けられる
・本型orジャバラ(ジャバラが好きなだけです)
・予算は~3000円ぐらい
・できれば革とか合皮みたいな大人っぽいの
・長く使えそうな、飽きの来ないデザイン


曖昧すぎだろ!って思ったけれども理想なんてそんなものです。
理想は高く持って、妥協できる点は妥協すれば良いのです。


2Lブロマイドは入ればラッキーぐらいに捉えています。
最近はブロマイドを全部下さいと購入すると、特典が2Lブロマイドという事が多いので入ると嬉しい。


ちなみに今年に入ってからの歴代のケースは、
①手帳の入っていた表面が透明になってるマルチケース(ブロマイド入れすぎで壊れた)
②カルトナージュで自作したチケットケース(ブロマイド入れすぎで壊れた)
③ファミマ配布のとうらぶの縦長サイズのクリアファイル+セブン配布のとうらぶのクリアファイルをポーチに突っ込んだもの
です。


自分でも壊しすぎだとは思う。

だからこそしっかりしたものを持とうと決意したのです。
とうらぶのクリアファイルを芸術劇場とか帝劇とかクリエで出すのは小っ恥ずかしいという羞恥心もあります。


昨日から楽天やらAmazon、色々な通販サイトを見て回って、理想の形に1番近いのは母子手帳ケースなのでは?と思っています。
カードを入れる所がいらないかな…。

 

ゆるい若手俳優応援スタンス

 
色々な方の記事を見て、私もやってみよう~という軽い気持ちで書き始めたら楽しかったです。
ジャニの方のも読んでいて面白かったので、もっとみんなやればいいのにと思いました。
 
 

⚫基本情報

・アラサー都心勤務正社員

・実家暮し、都心まで約1時間
・貯金はそれなりに。
 
 

⚫推しについて

名前を出すのは恥ずかしさもあるので出しませんが、他の記録と合わせると2人ともすぐにわかると思います。
 
①くん
テニミュ1st出身
笑顔が好きで好きでたまらなくて追い続けて7年ぐらい?
好きになったのはテニミュからですが、運命的にデビュー作も見に行っていました。
一時期訳があって舞台を見に行くのをパッタリやめていた時期があったのですがそんな時代でも彼の出ている舞台だけは見続けていました…。
最近は(テニミュとデビュー作以外は?)2.5には出ていません。
 
②くん
テニミュ2nd出身
テニミュに出ていた頃はかっこいいな~若いな~ぐらいにしか思っていなかったのですが去年の冬頃からコロッと落ち、それから先は坂道を転がる雪玉のように思いが大きくなっていきました。
声がすごく好きです。

声がすごくすきです!!!!!!

 
 

⚫好きになる基準

笑顔が素敵なこと…?
あと背が高い人が好きです(笑)
その人の何かが、自分の中で好き!!!!!となると一直線です。
お2人に関しては仕事に取り組む上でのスタンスがとても素敵だなと思っています。
 

⚫舞台を見に行く基準

基本的には全部行きます。
最近は1作品2~3回+ライビュ(あれば)を見に行っていると思います。
推しではないけれども、荒牧くんの殺陣が好きなので彼が刀を握っている舞台はほとんど見に行っています。
 
 

⚫イベント等に行く基準

基本的には全部行きます。
どんなにつまらないとわかっている若手俳優を集めた単館映画のイベントでも行きます。
①くんは最近はイベントやっていない上に、去年は年末恒例の事務所イベもなかったので個人イベやってくれないかな~って思ってます。
②くんは今がバブルなのかなってぐらいバースデーイベントのチケットが2部しか取れなくて悔しかったです。
 
 

⚫グッズを買う基準

ブロマイド+パンフレットを買います。
ブロマイドが昔から好きで1stの頃は全部くださいをやっていました。
トレーディングが少ない舞台への出演が多いので助かっています…。
刀ステはなんか意地になってトレブロ全部集めました。
2次元オタの友人からすると紙を集めて楽しんでいる私は異常だとのことです。
 
 

⚫雑誌を買う基準

厳選してお気に入りだけ買います。
紙の山を作る時代は卒業しました。
 
 

⚫映像を買う基準

出演作品は全部買います。
配信があるものに関しては配信も買います。
買っても見ないことが多いのですがふとした時に見たくなって、その時にすぐに見れないことが嫌なのでとりあえず手に入れます。
 
 

⚫手紙/プレゼントを渡す基準

舞台の時は、毎回手紙を書きます。
複数回観劇できる作品は2回目以降に感想を添えて書きます。
プレゼントは①さんへは毎回、②さんへは2作品に1回ぐらいかな?イベントであれば手紙+プレゼントです。

 

⚫普段の行動?

舞台終わりにリプを飛ばすぐらいで基本的には見てるだけです…リプをタメ口で送るファンは苦手です。

 

⚫同担について

周りにいないのでどうとも思わないのですが、お話とかしてみたいです。

 

 

 

実はもう1人大好きな人がいるのですがそれは別にしようと思います。

 

2016年 上半期振り返り

2016年上半期現場振り返り 

もう下半期が始まり1ヶ月たとうとしていますが、上半期を振り返ろうと思います。
振り返るというほどのものではなく備忘録です…。
基準としてはどこかしらの【会場】へ行き、見たものとしています。
 
1月
・ミュージカル薄桜鬼 新撰組奇譚
・超英雄祭2016
・JAM TOWN
・DNA-SHARAKU
本当なら実はヴァンガードも見に行く予定だったのですが前日夜に家庭の事情で行けなくなりました…。
JAM TOWNは横浜まで足を伸ばした価値がありました。
 
2月
・SHOW BY ROCK
テニミュ3rd 山吹凱旋
・わたしのホストちゃん~激突!名古屋栄編~
・Endless SHOCK
・警備員の1日完成披露試写会
ホストちゃんはピンポイントで見たいキャラが1位を取る回を狙いました。狙わなきゃ夕紀のレビューを見ていたことでしょう。レビューはとてものびのびしていて素晴らしかった。
SB69はお友だちに誘われて見に行きました。闇の太陽神が挨拶の時でも顔から手を話さなかったのはさすが!と思いました。
 
3月
金色のコルダDVD発売イベント
・劇場版ウルトラマンX きたぞわれらのウルトラマン日舞台挨拶
仮面ライダー1号完成披露舞台挨拶
珍しく観劇に行っていません。
ウルトラマンX舞台挨拶は最後に大空大地とハイタッチまでしてきました。
1号は見たあとはなんとも言えない感想を持ちました。
 
4月
エドウィン・ドルードの謎
・Sakura da Festa
・全国阪本化計画 レイクタウン
エドウィン・ドルードの謎は毎回話の結末、カップルが変わるミュージカルでした。これもピンポイントで目的の方が犯人になる回を見れました。
Sakura daでは久々にSAMURAIや愛はフェンシングラブを聞くことができて嬉しかったです。
 
 
5月
・ハイパープロジェクション舞台 ハイキュー 再演
・舞台 刀剣乱舞
・壮馬がゆく 新宿アニメイト
・DREAM LIVE2016
ドリフェス!はいわゆる箱推しをしているアミューズが関わっている2.5次元アイドル応援プロジェクトです。小太郎だった溝口くん20歳になり、こんなに大きくなりました。
 
6月
・ミュージカル 刀剣乱舞
・ライオンキング
待ちに待った刀ミュ本公演。初めて見た時は余韻を味わいたいので渋谷の雑踏を避け、初めて原宿から帰りました。
なぜか父の出資によりライオンキングを急遽見に行くことに。四季作品はオペラ座の怪人ぶりだったのですが、セットがすごい!の感想につきます。
 
 

上半期総括

2016年上半期は、計22現場(単位がおかしいかもしれない)でした。
ただし、上記は作品数です。
(実は薄ミュ2回、刀ステ3回+ライビュ、刀ミュ3回+ライビュです。)
 
いわゆる「若手俳優」と呼ばれている方々が出ている舞台(2.5次元が多い)を主に見に行っていました。
たまに混じるそれ以外の舞台はほぼほぼ、アミューズ関連+少し特撮です。
 
舞台を見るために、働いていると言っても過言ではありません。そのために、転職もこれまで2回ほどしています。
好きな俳優さんたちが舞台の上で輝いているのを見て元気を貰い、日々生活しています。
 
 
 

思い立ったが吉日

・文章を書く
・表現力を身に付ける
・アウトプットする
・備忘録

以上のことを行動に移すべく、ブログを開設しました。
手帳に記録もしてはいるのですが、すぐに飲料をこぼしてダメにしてしまうのでインターネット上にも残そうと考えました。

Twitterを初めてから、以前よりも文章を書くという行為をしなくなり、自身の表現力の低下に愕然としています。使い方次第だとは思うのですが、気軽に表現ができる分元々ない表現力が目に見えてなくなっていくのが恐ろしいです。

主に舞台(2.5次元系)やイベント、特撮の感想や考察になるかと思います。

目標は1ヵ月続けることです。
3日坊主にならない。